ブラジリアンワックスはそもそもVIO専用だった?

ブラジリアンワックスはその名の通り、ワックスを使用した脱毛方法です。専用のワックスを脱毛したい部位に塗って、毛を引き抜きます。ストリップワックスというワックスの場合はワックスを塗った部分にシートを貼って剥がしますが、ハードワックスの場合は固まったワックスをそのまま剥がすという方法です。今はブラジリアンワックスは全身の脱毛で行われていますし、従来の光を照射するタイプの脱毛方法では難しい鼻毛などでも行われています。しかし、ブラジリアンワックスは元々下半身のデリケートゾーンであるVIO脱毛専用の脱毛方法でした。光を照射する脱毛方法だと痛みが出やすかったり水着のシーズンなどすぐに結果がほしいVIOには最適な方法なのです。

ブラジリアンワックスって痛くないの?

ブラジリアンワックス脱毛が気になっているけど実際に施術を受けるのは躊躇してしまうという人は、ブラジリアンワックスを受けた際の痛みが気になるという人が多いです。痛みに関しては毛の濃さや量なども影響してくるため、個人差がかなり大きいですが毛を物理的に引き抜くので当然痛みは出ます。しかし、想像しているよりも痛みは少ないというのが実際にブラジリアンワックスを経験した人の大半の感想です。実際、医療レーザー脱毛は痛すぎてVIOを諦めたという女性タレントがVIOはブラジリアンワックスにしているということをラジオで話していたこともあります。ただし、肌への刺激は間違いなくあるので、数時間はひりひり感が残るなどということもあります。